Cloudmark is now part of Proofpoint. Learn More

About Proofpoint

スパムフォルダ名の設定

このトピックでは、スパム、フィッシング、メールを媒介としたウィルスの指定フォルダの名前を設定するための手順を説明します。CSEは下記に説明されている通りスパムやフィッシングを指定フォルダーのいずれかに自動的に移動させることができます。

ローカルフォルダと公開フォルダの両方がフィードバックフォルダとしてユーザーにご利用いただけます。 ユーザーは自動的にCloudmark Global Threat Networkにフィードバックを送信するために、これらのフォルダのいずれかにスパムやフィッシングメッセージをドラッグすることができます。

スパムフォルダ名の設定

  1. サーバー設定ウィンドウを開く。
  2. スパムタブをクリックします。
  3. “ローカルスパムフォルダ名”欄で、ローカルスパムフォルダ名を入力してください。

    このフォルダは自動的にユーザーのローカルメールボックスに作成されます。

  4. 公開スパムフォルダ名欄で、公開スパムフォルダ名を入力してください。

    このフォルダは自動的に公開フォルダとして作成されます。

    この欄が灰色表示になると、パブリックフォルダのメールチェックが無効になっています。パブリックフォルダのメールチェックを有効にするをご覧ください。

  5. OKをクリック。

関連トピック

サイトマップ  •  プライバシーポリシー  •  ©2002–2019 Cloudmark, Inc.